深夜は電気代が安い?深夜って何時?どれくらい安いの?スッキリ解決!

未分類


寒い冬、エアコンを使って部屋を暖める日々が続きました。
電気料金の明細が届いて驚愕です!
見たことないような価格!
エアコンは冷房として使用するより暖房のほうがグンと電気代が高くなります。
また、暖房の季節はお風呂の暖房やヒーター、こたつや電気絨毯を合わせて活用するのでどうしても電気代が上がります・・・

関東エリアの方!
実は、電気料金には使う時にやすくなる時間帯があるのをご存知ですか?
そこで今回は、電気代が安くなる時間についてと電気代が安いうちに済ませたいことをまとめてみました。
生活で必ず必要となる家事は電気料金が安い時間帯に済ませてしまえばお得なのでご検討ください!

電気屋さんの言う深夜は何時から何時まで?


ずばり、電気代は夜間や深夜になると料金が安くなります。
時間によって段階で価格が変わるプランがあることを知らない人が多いですよね。
この電気料金が変わるプランを知っていれば、電気代を簡単に節約することができますよ。

それぞれの電気屋さんに夜得プランが存在します。
電気屋さんを自由に選べるようになったので比較することが大切です。
ここでは、東京電力に存在する電気料金プランを基本としてご説明させて頂きます。
今回の料金と比較して、それぞれの電気屋さんの料金プランをチェックしてみてくださいね。

東京電力には時間帯で価格が変わる「夜トクプラン」があります。
関東エリアのみで加入できる特殊なプランです。
夜トクプランには2種類の時間帯設定があって、両方とも夜間の電気料金が昼間より安くなっています。

1.夜トク8

・基本料金
210.60円

・加算料金(夜間)
時間:毎日午後9時~翌午前9時まで
価格:22.55円/1kwh

・加算料金(昼間)
時間:毎日午前9時~午後9時まで
価格:33.76円/1kwh

2.夜トク12

・基本料金
210.60円

・加算料金(夜間)
時間:毎日午後11時~翌午前7時まで
価格:20.78円/1kwh

・加算料金(昼間)
時間:毎日午前7時~午後11時まで
価格:32.14円/1kwh

東京電力の「スタンダードプラン」という一般的な契約では電流量によって基本料金が異なります。
一般的に契約されることの多い30Aでの契約の場合の料金設定をご紹介します。
夜トクプランと比べると昼間の料金は少しスタンダードプランの方が安いです。
しかし、夜トクプランで夜間に電力を使えば断然お得ですよ。

・基本料金
842.40円

・加算料金
最初の120kWhまで:19.52円/1kwh
120kWh~300kWh:25.98円/1kwh
300kWhを超過したあと:30.02円/1kwh

電気代が安い時間にやってしまいたいこと


働いていると日中は電気を使うこと少ないですよね。
そんなライフスタイルの人であれば夜間に多くの家事を済ませていると思います。
会社から帰ってきて起きている間に活用する電化製品は?

- 掃除機
- 洗濯機

就寝時間を過ぎてからはゆっくり眠っていたいものです。
そこで、寝ていてもできる電気の活用をご紹介します。

1.タイマーを設定できる家電を活用

電気代が安い時間の間にタイマーを合わせて活用しましょう。
食洗機、洗濯乾燥機、浴室乾燥機などを使う家庭では夜間に行えばお得に節約できます。
湿気の気になる時期の除湿機も夜間であればお得です。
朝起きてジメジメせずカラッとした空気を吸い込めるので気分も爽快になりますよ。

炊飯器のタイマーも夜間の料金の間で炊きあがるようにセットしましょう。
朝から温かいご飯も頂けて一石二鳥です。

録画や録音などの機器もタイマーが設定できるものがあります。
動画をDVDに移す時は夜間にタイマーを合わせて活用してみてください。

2.家電の充電を行う

充電できるものは夜間に行うことでお得に節約できます。
携帯電話、ビデオ、カメラ、タブレットなどは一般的ですね。
他にもゲーム機器やコードレス掃除機なども夜間に充電するようにしましょう。

電気自動車(BEV)やプラグインハイブリット車(PHEV)を自宅で充電しているのであればお得になります。
バッテリーとして家の電気に使える電気自動車であれば、夜間に貯めた電力を昼間活用することもできますよ。

まとめ

1.電気屋さんには夜間や深夜の電気量が安くなるプランが存在する。

2.スタンダードなプランと比較すると昼間の料金は少し高いが、夜間の料金は断然お得である。

3.タイマーが使える電化製品は夜間にフル活用するとお得に節約ができる。

4.充電が必要な電化製品は夜間に充電することでお得に節約できる。

日中外出することが多いのであれば、夜間に電気料金が安くなるプランを活用することで簡単に節約ができます。

帰宅が遅い方であれば日常の生活を行っているだけですでに節約になるのですよ。
それぞれの電気屋さんに、夜間におトクなプランがあります。
比較して自分のライフスタイルに合ったプランを見つけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました