入学祝のお返しの相場はどれくらい?失礼にならないのしと品物とは?

未分類


お子さんの小学校入学。
お母さんにとっては我が子が踏み出すこの一歩を期待と不安とで迎えたことでしょう。
そんな第一歩は、親しい友人や親戚からすれば一緒にお祝いしたいと思える喜ばしいもの。
入学祝という形でその子へ贈り物をしたり、ご家庭へおかねを包んだりしますよね。
入学祝を受け取ったらどうすればいいのか知っていますか?
お返しはいるの?相場はどれくらい?どんなものがいいの?と悩んでいるお母さんへ、
入学祝の失礼にならないお返しについてお教えしましょう。

入学祝のお返しの相場はどれくらい?

まずは、どんな人から入学祝をいただくことになるか考えてみましょう。
親戚でいうと祖父母、叔父・叔母、年の離れた兄弟がいれば兄弟、
親戚でなければ、親が普段から親しくしている友人などが考えられますよね。
まれにご近所付き合いの延長線上でいただくこともあるかもしれません。

これらの贈る側にとって、入学祝の相場というのは、
若い世代の親戚であれば5000円から10000円くらい、40代以上くらいであれば10000円から20000円くらい。
また友人関係では3000円くらいから10000円くらいが妥当なところ。
この金額に見合うお返しをしたいと思いますよね。

しかし、入学や進学というのは身内の中でのお祝い事とされているために、
基本的に内祝いという形でのお返しはしなくてもいいとされているんです。
贈る側の気持ちとしてもお子さんが楽しく小学校に通えますように、勉強に励むことができますようにとの思いを込めて贈るもの。
子供に贈られているものなので、収入のない子供からお返しというのも・・・という考え方から
本人から手紙でお礼をしたり、電話をして挨拶をしたりということでお返しに代えるという地域もあります。

けれど、親としてはやはりお礼をするべきではないか、
内祝いとして一緒にこの門出をお祝いできたらと、
何かお返しをしたいと考えるもの。
地域などによってその風習は様々ですから、しきたりにのっとって準備したいものです。

そこで、お返しの相場はどのくらいなのか見ていくことにしましょう。
お返しはしなくてもいいものでもあるので、これといった相場があるわけではないのですが、
だいたいいただいたものの約3分の1ほどの金額になるような品物がベスト。
高価なものすぎると、相手も恐縮してしまいますからね。
高くても半額程度にとどめて準備してくださいね。

入園や入学は人生のうちで何回か訪れるものですが、
どのタイミングであっても喜ばしいものなので、
何度でも結び直せるという意味合いのある水引、紅白の蝶結びを選択しましょう。
表書きには「入学内祝」もしくは「内祝い」と記します。「御礼」でも大丈夫です。
下にはお子さんの名前を書いてくださいね。
もしも、親として感謝の気持ちを表したい思いが強ければ、「御礼」にして下の段にあなたの名前やご主人様の名前を書いてください。
お相手との関係性で決めて大丈夫です。
親の名前でお祝いをする場合にも、お子さん直筆のメッセージをそえたりするのもお忘れなく。

ちなみに熨斗のかけ方ですが、
内側に書ける内熨斗にする地域が多いようですよ。
親しい間柄であれば、お子さんのイラストつきの熨斗をかけるのも贈られた側からすると微笑ましくていいですよね。

また、品物だけでなく、
お礼状を書くと、より丁寧でいいですね。
親からは我が子のためにいただいたことのお礼と無事に入学式を済ませて楽しく学校生活をスタートさせたことの報告は忘れずに。
そして、別便でお礼の品を送らせていただいたとお知らせするといいでしょう。
お子さんからはお返しの品に手紙を添えてありがとう!これから頑張ります!との気持ちを伝えると、
贈った側も嬉しいものです。
おじいちゃんやおばあちゃんなどなかなか会えないところに住んでいたりする場合にはランドセルを背負った写真や、
真新しい制服を着ている写真なんかも一緒に送りましょう。喜ばれること間違いなしです。

お返しの品を送る前には、
お祝いをいただいたあとすぐに取り急ぎの電話をかけるのもしておいた方がいいマナーです。
贈った側からすると、プレゼントしたのに何の音沙汰もないと、
届いたのかしら?喜んでもらえなかったかしら?と気になってしまいます。
その上で、お返しの品物ははいただいてから1か月以内、入学式を終えてからするようにしましょう。

悩んだときはこれ!外さないお返し


では、いったいどのようなものをお返しとして贈ったらいいのでしょうか。
これについては、これでなければいけないというものはないので、
相手の年齢や関係性によって考えるようにしましょう。

一般的なものとしては、商品券とかカタログギフト、スイーツやお茶類などが妥当なところでしょうか。
友人に対して商品券というのはやや抵抗がありますから、これは若い世代の親戚がベター。
ただ、若者は商品券を使うようなところで買い物をしないこともありますから、相手の年齢などは十分に考慮してあげましょう。
大学生くらいであれば図書券なんかも喜ばれますよね。
カタログギフトは、贈り物として近年人気のもの。
相手が好きなものを選べるという点では、送る側も相手の好みをあれこれ考える必要がなくお手軽かもしれません。
ただ、このカタログギフトや商品券・図書券などは金額が相手に伝わってしまうのがたまに傷ではありますが・・・。
また、高齢の方々に対しても選ばなくてはいけないカタログギフトよりは消え物であるスイーツなどがいいかもしれませんね。

カタログギフトはリンベルやプレゼンレージなどがその定番と言われるものです。
金額設定も2500円くらいから50000円くらいまでと実に幅広い設定ですから、本当にお手軽♪
カタログギフト・商品券・図書券については選びやすいものでしょうが、
品物を特定して贈るとなると、入学祝のお返しとしてはどのようなものがいいのか考えてみましょう。

新一年生のいる家庭にとっては、入学式までの準備も大変ではありますが、
始まってからもお子さんが学校生活に慣れるまではお母さんも子供もいろいろと大変ですよね。
わざわざ買い物に出かけていってゆっくり選ぶ時間もないかもしれません。
そんなときはネットで買い物して、お相手に届けてもらえるのが一番ですね。
楽天やアマゾン、大手デパートなどでは色々なジャンルの商品がありますからぜひ探してみてください。

楽天で購入できるお返しにおすすめのギフトでは・・・

①有名洋菓子屋さんのお菓子詰め合わせセット

「アンリ・パルシャンティエ」では一口サイズのかわいいクッキーやプチケーキを詰め合わせでご用意。
パリの街角のようなおしゃれな詰め合わせなので喜ばれること間違いなし!
また、「神戸フランツ」もおすすめです。
魔法の壺プリンでも有名な神戸のお菓子屋さんですが、チーズケーキや生チョコも高級感があってプレゼントには最適!
クッキーなどに比べると日持ちがしないかもしれませんから、その辺は注意してくださいね。
他にも北海道スイーツで有名なルタオのケーキセットやロイズ石垣島の黒糖チョコレートなどご当地スイーツもいいですよ。

②年配向けの和風お菓子セット

年配の方に贈る場合や甘いものが苦手な方にはおせんべいをおすすめします。
例えば、「京都祇園老舗あられおかき祇園萩月」のおせんべいセットです。
京風のおせんべいはとても食べやすいので、おじいちゃんおばあちゃんも嬉しい一品。
甘いものでは「金沢加賀彩」の和のスイーツセットがおすすめです。
加賀プリンや加賀野菜を使ったスイートポテトなどいろいろなセットがありますよ。
他にも長崎の「心泉堂」のカステラもいいですね。

③お茶やコーヒーセット

食べ物ではなく飲み物も喜ばれます。
スターバックスのドリップコーヒーセットや銀座千疋屋のジュースは若い世代には喜ばれるでしょうし、
ウェッジウッドのワイルドストロベリーティーバッグセットやマリアールフレージュの紅茶缶もおすすめ。
静岡銘茶の詰め合わせや、宇治の日本茶詰め合わせセット、狭山茶セットも人気です。

④ちょっと変わり種食品セット

帝国ホテルのレトルトスープセットや、巣鴨のお茶屋さんの高級お茶漬けセットもいいですよ。
ちょっとしたときに飲めたり食べれたりするものは意外と自分では買わないし、重宝するので便利。
ドレッシングセットや出汁セットなんかも結構使えるし珍しいので喜ばれるかもしれません。

⑤タオルセット

食品ではないものを贈りたければ今治のタオルセットはいかがでしょう。
引き出物ショップには内祝いに使えるギフトもたくさんありますから見てみる価値はありますよ。
価格も2000円台から10000円台と幅広いです。

楽天ではほぼこれらのセットを用途に合わせてラッピング・熨斗付きで選ぶことができます。
金額と共にお相手の年齢や家族構成なんかを考慮して失礼のないようにお礼ギフトを準備してくださいね。

まとめ

お子さんにいただいた入学祝のお返しは、しなければいけないものではありません。
けれど、親として感謝する気持ちと、今後とも温かく見守ってもらえたら…というこれからの付き合いを大切にする上では贈っておきたいですよね。
なにかと忙しい春ですから、お互いに負担のない心のこもったやり取りができるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました